佐和きもの着付教室

Tel/Fax:095-823-1095

3級助教授試験合格!

2017年8月27日


「着物の事は、何もわからなかった私でしたが、教室に通ううちに楽しくなっていきました。
これから学ぶことがたくさんあると思いますので、向上心を持って練習していきたいと思います。

また、機会があれば色んな方に着つけていきたいと思います」

                            銭上 真弓

助教授2級、やっとここまで~~~

2017年8月27日

やればやるほど難しさと深さを感じ、それが魅力と思える未来があなたを待っています!

「これまで学んだ振り袖や留袖と異なる道具や衣装を使った着付けを学び、着付けに対する意識が少し変わったように思います。
特に、手、指の動かし方、紐1本結ぶことへのこれまでりも意識するようになりました。」

まっすぐに取り組む真面目さが周りにも安心感を・・・
板屋さん、これからも頑張ってください。

2級助教授、板屋さん・3級助教授、銭上さん合格です

2017年8月27日

熱心な稽古を重ねて納得がいくまで何度も繰り返し勉強に手を抜かない姿勢は、結果に出たようです。

花嫁着付の基本は、大事で徐々に違いが分かるようになっていきます。見えなかったところが理解出来る嬉しさは、本人の喜びです。

落ち着いて丁寧な着付けを見せてもらいました。

おめでとうございます、実践でも活かせるよう頑張りましょう

CollageMaker_20170827_145354807.jpg           『 花  』

CollageMaker_20170827_145807316-960x960.jpg

初めて受験して

2017年8月 5日

試験となると、緊張と気持ちも引き締まる方が多く、ある意味では、社会人になってなかなか体験はしなくなります。
試験は、大事と考えています、試験があるから集中もします。

Mさん

「着付けは、わたしに取ってとても苦手な分野でした。が、続けて来られたのは、やはらい着物を上手に着られるようになりたいという強い思いがあったからです。

授業を受けるたびに、毎回違う発見と学びがありました。

着物は、日本人の文化です。長い歴史の中で変化し、今の形になったのですが、その形や柄、素材の一つ一つすべてに意味と理由があります。

そこが着物の面白いところだと思っています。

今後とも着物を着る機会を作り、着ていきたいと思っています。」

↑ PAGE TOP