佐和きもの着付教室

Tel/Fax:095-823-1095

現代作法テキストより  「食事のマナー」

2018年6月14日

まずは、

「箸の扱い」

箸の取り方・・・右手で上から持ち、下から左手を添え、右手を箸から離さず、そのまま右端まですべらせて下側に持ち替えます

箸の持ち方・・・上の箸は、人さし指と中指ではさみ、親指を添えます。下の箸は、薬指と中指ではさみます。上の箸だけを動かします。箸先を汚さないように食べます。


「焼き魚」

頭のほうを左に向けて背を上に、腹を下に盛り付けられています。魚は背を下にして、泳いでいるからです。だから、身を上にして食べるのは良くないとされています。
まず、背身の肩口から一口づつ食べます。

箸を中骨の下に入れて頭と中骨をはずして器の向こう側におきます。そして、下側の背身、腹身の順に食べます。骨や頭を器の箸にまとめ、懐紙で包んでおきましょう
あしらいの木の葉などで包んでおくのもよいでしょう

↑ PAGE TOP