佐和きもの着付教室

Tel/Fax:095-823-1095

きものを着た時注意する事って...教えて!

2009年11月12日

たくさんありますが、まず、必要なものが揃っているか確認をしましょう。

①  美容室に行く時は、前開きの洋服を選びましょう。

②  着物や帯、長じゅばんのしつけ糸は取って、風呂敷に2つ折にたたんでまとめ、小物類は小袋    

に入れましょう。たたみ方がわからない時は、そのまま風呂敷に・・・

③  ヘアメイクから着付けの順番になります。(化粧はノーメイクで)

④  バックにはハンカチ他を・・・貴重品(財布、カメラ、携帯電話)は後から入れます。

    着付けが終わったら、さあ~出掛けましょう~

⑤  タクシーに乗る時は、まず両袖、バックを左手に持ち、お尻から乗ります。

⑥  歩くときは、背筋を伸ばして内股を意識して小幅で歩きましょう。

⑦  椅子に座る時は、両袖を膝に、浅めに腰掛けます。

⑧  会談の上り下りは、やはり両袖、荷物などは左手に持ちます。右手で裾先を踏まないように気

をつけましょう。

⑨  トイレに入ったら、きものの裾をまくし上げ両袖をその中に入れ、長じゅばんも同じようにします。

帯にはさむか、クリップなどで留めておくと安心です。

⑩  写真を撮るときのポーズは、背筋を伸ばし、足先を揃えて5センチずらします。(左側から取る場

合は左足を引く)そして、最後に一番大切な ・・・笑顔・・・ を忘れずに。。。。。

一人で帯を結ぶ時のポイントといいますかコツを教えてください。Sより

2008年10月14日

 二重太鼓の帯結びですが、まず!

① 結ぶ前に、たれ先35センチの位置に帯枕の山を当て、柄を見て、二重に重ねせんたく 

  ばさみなどで帯枕を包むように両端をとめておきます。

 

 手先を帯上線下位に決めます。

② この時、手を返す部分を1センチ見えるようにし、せんたくはさみで衿にとめておきます。

  胴に二巻きしますが、

③ 脇線ではズレないよう一巻きと重なるよう確認します。

 

一度お試しください!早く結びたい時など便利かも・・・(^:^)

 

夏の着物を涼しく着こなすために、工夫できることがあれば教えてください    hanako

2008年8月 8日

   まず下着選びに一番気を使います。汗をよく吸収する生地、肌触りがいい素材(綿や麻)を選びます。クレープタイプや灯芯を使った汗取り肌襦袢は、涼感があり、着物に汗染みが残りにくいので愛用しています。裾除けは、キュロット式がべたつきがなく、足さばきも良いのでお勧めです。

帯枕は、オリジナルのものを作っては如何でしょうか?ヘチマを麻生地でくるみ、さらにガーゼで包み120センチくらい簡単に縫っておきます。昔から背中がムレず、母は夏にはこれが一番と・・・。

腰紐は、洗濯のできる綿(さらし)を作っている方もあります。モスの生地より絹のほうが使い勝手が良いように思います。ナイロン製は、滑りやすいので、帯を結ぶ時、仮紐に使用しています。

足袋は、夏用として麻が一番です。薄くて涼しさは快適です。単衣に向く肌触りのいい薄手の足袋も、柔らかくて履き心地は良いです。

帯板は、メッシュがあります。材質は、ポリエステルですが柔らかい物ですと帯にシワが入りやすいと思います。結構帯の中は、熱がこもっています。

いずれにしても後の手入れが簡単にできる物、自分にあったものを選ぶように、色々試して見ると良いですね。

夏に向かって浴衣を着たいと思います。快適に着るポイントを教えて下さい。

2008年6月24日

花火大会などで見かける人の様子を見ていると、結構暑そうですね。
やはり汗取りになるコットン素材の下着を着たほうがよいでしょう。
しかも新しいものなら一度水に通し、のりを落としておく方が通気性も良いです。襟元は暑いからといって開けすぎてはイメージダウン。うちわや扇子で涼しさを...。
下駄は、歩き過ぎると豆が出来ることもありますので、リバテープを持参して!
ヘアは、キュートで若々しくアップスタイルがよいでしょう。

来年の娘の成人式に、私の振袖を着せたいのですが、サイズが合わないのでどうしたらいいでしょうか?娘は大きいので...

2008年6月24日

まず、サイズ計りをいたします。
仕立て方で長く出来る物と出来ない物があります。振り袖だけでなく長襦袢も合わせてサイズ出しをしますと、無理なく着られるようになると思います。
仕立て直しも教室でお受けしております。
親から子へと受け継がれていく着物の思い出は、気持ちも自然に伝わる大切なことと考えます。

着なくなった着物を頂いたのは良いんですが、防腐剤は入っていましたが、カビの臭いがひどくてこのままタンスに入れると他の着物に移りそうで心配です。

2008年6月24日

虫食いやカビ防止の為に、防腐剤をたくさん入れている人は多いです。臭いが強く、着用前に風通しは必要ですし、たたみジワも見ておく方がよいでしょう。
それでも残る場合は、専門家に出して手入れをしてもらいましょう。せめて年2回、天気のよい日に風通しのつもりでタンスの引き出しを段違いに開け、虫干ししましょう。

↑ PAGE TOP